トピックス

2019年08月19日 お知らせ

朝のタンパク質が体内時計を調節する

体内時計の周期は厳密に24時間ではなく、24時間15分程度と考えられています。そのままでは少しずつ後ろにずれてしまいますから、これを外界の時間と合わせるために、毎日リセットする必要があります。朝食にたんぱく質を摂ると体温・・・

2019年08月18日 お知らせ

西瓜(スイカ) 皮も丸ごと腎臓の薬になる

スイカは果肉の90%以上が水分です。夏の果物にふさわしく体の熱を冷まし、のどの渇きを癒す作用があり夏バテの解消に最適です。また、古くから腎臓の薬といわれています。特に皮の白い部分は果肉よりも利尿作用に優れているうえ、肝臓・・・

2019年08月17日 お知らせ

冷たいものの飲みすぎ食べ過ぎによる胃痛に 安中散(アンチュウサン)

夏はビールやアイスクリームなど冷たいものの飲みすぎ食べ過ぎにより胃痛を起こしやすくなります。そのようなときにお薦めなのが安中散です。 安中散の構成生薬は、延胡索、縮砂、茴香、良姜、桂皮、牡蛎、甘草です。牡蛎、甘草以外は温・・・

2019年08月17日 お知らせ

水分補給の基本は3つ

脱水症、熱中症の予防のためには水分補給が大切です。正しい水分補給の基本3つをご紹介します。 1.のどが渇く前に のどの渇きは体が脱水を知らせる危険信号です。のどの渇きを感じた時はすでに脱水が始まっているといえます。のどの・・・

2019年08月16日 お知らせ

紫蘇(しそ) 殺菌、解毒、防腐作用に優れアレルギーも改善

【主な効能】体の温めて冷えを取除く血行を良くする気の流れを良くする胃のはたらきを整える 五性:温(体を温めます)五味:辛(体を温めて滞ったものを追い出す発散作用があります)旬:青紫蘇6から8月、赤紫蘇6から7月 昔、中国・・・

2019年08月15日 お知らせ

清暑益気湯:脱水症、熱中症、夏バテ、暑気あたりの漢方薬

清暑益気湯(セイショエッキトウ)脱水症、熱中症、夏バテ、暑気あたりの漢方薬として知られています。 「清暑益気湯」の“清暑”とは暑さの原因を涼しくする、“益気”とは「気」を増やすといった意味があります。暑さで弱った胃腸を元・・・

2019年08月15日 お知らせ

牛乳:脱水症、熱中症に最適、熱を冷まし体を潤す

立秋を過ぎても暑い日が続いています。雨の降った翌日などは湿度も高くなるので熱中症には要注意です。今回は脱水症、熱中症の予防に牛乳を取り上げてみました。 【牛乳】熱中症に最適、熱を冷まし体を潤す。中医学には「牛乳飲方」とい・・・

2019年08月14日 健康情報

水分の補給は1日に1から1.5Lを目安に

毎日2.5Lの水分が体外に排泄されてゆくので、水分を補給しないと体内は水分不足になります。通常、体内で作られる代謝水が0.3L、食事から約1Lの水分が補えるので残りの1から1.5Lを飲料水で補給する必要があります。脱水、・・・