漢方処方

か行

葛根湯(かっこんとう)

葛根湯は、風邪の初期症状に用いられ、熱を上げることで、外部から侵入した菌・ウイルスを弱らせ、発汗を促し、体温を下げる効果があります。
そのため、すでに熱が高い状態や汗を多くかいている場合は、本来の効果が期待できない可能性もあります。そのため、まだ熱がでていない、汗をかいていないなど、風邪のひきはじめに飲むと効果がより期待できます。
具体的には、比較的体力がある方において次の症状に効果が期待できます。

かっこんとう
【葛根湯はこんな方に】
  • 風邪の初期に普段食欲が旺盛で肩がこる方 風邪のひき始めには是非備えておきたい漢方薬のひとつです。
    肩こりにも用いられます。
  • 風邪のひき始めで、寒気と熱感が同時にあり、汗がなく、食欲があり、特に疲労感がない方。
    ※風邪の初期でも汗をかいている方には使用しない。
    【出典】傷寒論、金匱要略
【配合されている生薬と性質】
1.処方の特徴

風邪のひき始めに寒気がして汗が出なく、しかも食欲が旺盛な方の風邪、肩こりを伴う風邪によい。
葛根を配合していること特徴があります。

  1. 葛根は辛涼解表薬で表寒から表熱の移行型(はじめ寒気がして、すぐに熱が出る風邪)によい。
  2. 葛根は血管収縮のために生じた筋肉のこわばりを改善するため、肩こりに用いる。
2.処方の構成
  • 麻黄(マオウ)辛温解表
  • 桂皮(ケイヒ)辛温解表
  • 生姜(ショウキョウ) 辛温解表
  • 葛根(カッコン)辛涼解表
  • 芍薬(シャクヤク) 斂陰
  • 大棗(タイソウ)斂陰
  • 甘草(カンゾウ)調和

辛温解表とは、生薬の味は辛く、性質は温め、体の表面にある邪気を排除する性質のこと。
辛涼解表とは、生薬の味は辛く、性質は涼(冷やす)、体の表面にある邪気を排除する性質のこと。
麻黄、桂皮、生姜は辛温解表といわれ、体表部を温めて発汗し解熱させる。
葛根も発汗剤であるが、体表部を冷やすことで、消炎、解熱に働く。
芍薬、大棗は発汗などで過度に水分が失われないように働く。
甘草はそれぞれの生薬を調和させる。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

「気」と「血(けつ)」は常に体をめぐり、バランスを調整しています。
しかし、「血」の流れが滞ると、血の巡りがかたよってしまいます。
温かいものは上へ昇り、冷たいものは下へ降りる性質があるため、上半身はのぼせ、下半身は冷えるという、いわゆる「冷えのぼせ」の状態になるのです。
また、「血」の流れが滞っているため、生理痛が重いなどの症状が現れます。

ケイシブクリョウガン
【桂枝茯苓丸 はこんな方に】

うっ血しやすく下腹部に痛みがある方

  1. 月経不順、月経痛をはじめ子宮内膜症など婦人の病気に用いる
  2. 頭痛、肩こり、下肢の冷えやむくみに用いる
  3. 顔のシミ、手足のしもやけ、打撲や腫れ痛みに用いる(男女を問わない)
【桂枝茯苓丸 はどんなふうに効くの? 】

桂枝茯苓丸は、滞った「血」のめぐりを良くすることで、下半身に熱をめぐらせてめぐらせて、足冷えなどを感じる方の生理痛を改善します。

【配合されている生薬と性質】
1.処方の特徴
  • 牡丹皮(ぼたんぴ) 活血化瘀(瘀血を改善する)
  • 桃仁(とうにん) 活血化瘀
  • 芍薬(しゃくやく) 活血化瘀
  • 桂皮(けいひ) 温軽通脈(気の巡りを良くする)
  • 茯苓(ぶくりょう) 利水(水分代謝を改善する)

牡丹皮は子宮内膜を充実させて子宮機能を改善し、月経を調整する。芍薬にも子宮筋の調整作用がある。
牡丹皮、当仁、芍薬の三薬はいずれも血管拡張、うっ血の分解吸収などにより循環を改善する。桂皮は血管を拡張して、これを補助する。
茯苓は組織の水分を血中に引き込むことで浮腫を軽減し、体内の毒素を利尿により排泄する。

【漢方薬での生理の治し方】
  1. 生理痛がつらい、生理の前半がつらいというときは、「血(けつ)」の流れが滞っている状態と考え、「血(けつ)」の流れを良くすることで痛みをやわらげます。
  2. 生理が遅れるなど生理不順が続く場合は、「血(けつ)」の量が足りていない状態なので、「血(けつ)」を増やす治療を行います。「血(けつ)」が不足している部分に余分な水分がある場合が多いので、水分をとり除くことも大切です。
  3. 生理前の便秘やイライラ、不安が気になるというときは、「気」「血(けつ)」が滞っている状態と考え、流れを良くする治療を行います。
    顔色が青白く、手足の冷えやすい女性は月経の周期が遅れ気味です。これは血虚(栄養不足)のある人が冷えによって引き起こされた症状と漢方では考えます。このような場合、貧血の人は頭痛を訴えることが多く、疲れやすく動作にも活気がありません。
    「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」は、血液循環を促進することで、血液の流れをスムーズにして、月経痛や月経不順を改善します。また、冷え(下半身)のぼせ(上半身)を改善します。

香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう)

【香砂六君子湯はこんな方に】

ふだんから胃腸の調子が良くない方
食欲がわかず、すぐお腹がいっぱいになってしまう方香砂六君子湯

【香砂六君子湯はどんなふうに効くの? 】

胃腸の調子が良くない 方、食欲がわかず、すぐお腹がいっぱいになってしまう方 は、もともとの胃腸のはたらきが弱っていることが考えられます。
これは、胃腸が疲れてしまい、胃腸の「気」が少なくなっている状態が考えられます。
香砂六君子湯は、「気」を補ってめぐらせる処方で、胃腸のはたらきを高めることで、胃の痛みやもたれなどの不快感を改善します。

【配合されている生薬と性質】
1.処方の特徴
  • 人参(にんじん)
  • 白朮(びゃくじゅつ)
  • 甘草(かんぞう)
  • 茯苓(ぶくりょう)
  • 半夏(はんげ)
  • 陳皮(ちんぴ)
  • 大棗(たいそう)
  • 生姜(しょうきょう)
  • 香附子(こうぶし)
  • 縮砂(しゅくしゃ)
  • 藿香(かっこう)
【 処方の特徴 】
  • 六君子湯に香附子、縮砂、藿香を加えたものです。香附子、縮砂、藿香は理気剤と云って気の巡りを改善します。
  • 人参、 白朮、甘草は気を補います。
  • 大棗 、茯苓は消化器のはたらきを改善します。
  • 半夏、陳皮は胃内の溜飲を除き、悪心・嘔吐を止めます。

五苓散(ごれいさん)

のどが渇いて冷水を多く飲み、小便の出が悪い方 二日酔い
お酒を飲み過ぎた次の日に、“お酒が抜けなくてつらい”顔がむくんでいる”という経験は多くの方がおもちではないでしょうか?
これは、その人の処理能力を超えて“お酒”という水分を摂取してしまったために起こっている症状です。
「五苓散」は、体のはたらきを高めて、余分な「水(すい)」を体の外へ出す処方です。余分な水(すい)だけを出すので、一時的に不要な水(すい)が体にたまっているときに効果的です。

ごれいさん
【効能】

体力にかかわらず使用でき、のどが渇いて少ない者でめまい、吐き気、嘔吐、腹痛などのいずれかを伴うものの次の症状:水様性下痢、急性胃腸炎、暑気あたり、頭痛、むくみ、二日酔い

【 配合されている生薬と性質 】
  • 沢瀉(たくしゃ)
  • 猪苓(ちょれい)
  • 茯苓(ぶくりょう)
  • 白朮(びゃくじゅつ)
  • 桂皮(けいひ)

処方の内容は利水の沢瀉、猪苓 、茯苓、白朮と血管拡張の桂皮から構成されている。
沢瀉、猪苓 、茯苓、白朮は利水作用を持ち、消化管内や組織の余分な水分の停滞を除くはたらきがある。桂皮は通陽薬(エネルギーを巡らせる)で血行を促進して他の4薬の利水効果を強める。五苓散は組織の余分な水分を血中に引き込むことで利水を促進し、嘔吐、下痢、浮腫などの水分停滞を改善する処方です。

た行

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

【当帰芍薬散はこんな方に 】

冷え性の女性にむくみやすく、月経不順のある方
全身的な栄養不足のために、なんとなくイライラしやすく、胃腸の働きもやや弱く、そのために水分の代謝が滞り浮腫を起こし、皮膚が青白く水太り、筋肉が軟弱で疲労感を訴えるような方に用います。
冷えて生理不順、下腹部痛、頭重、めまい、肩こり、耳鳴り、動悸、腰痛、足腰の冷えやむくみなどを訴えやすい。
以上をまとめると「冷え性の女性、むくみやすい、月経不順」となります。

当帰芍薬散
【当帰芍薬散はどんなふうに効くの? 】

「血(けつ)」の量が足りないと栄養不足になり、体のすみずみまで「血(けつ)」を送ることができなくなります。
その結果、冷えや生理が遅れるなどの症状が現れます。
また、体のめぐりが悪くなると、余分な水分がたまり、体を余計に冷やしてしまいます。

【配合されている生薬と性質】
1.処方の特徴
  • 当帰(とうき):補血行血(血を補う、血行を良くする)
  • 芍薬(しゃくやく):補血行血(血を補う、血行を良くする)
  • 川芎(せんきゅう):補血行血(血を補う、血行を良くする)
  • 茯苓(ぶくりょう):健脾利水(消化機能を高め、水分代謝を改善する)
  • 白朮(びゃくじゅつ):健脾利水(消化機能を高め、水分代謝を改善する)
  • 沢瀉(たくしゃ):健脾利水(消化機能を高め、水分代謝を改善する)

当帰と芍薬は滋養強壮作用を持ち、全身を栄養、滋潤し内分泌機能を調整して血の不足を改善します。当帰と川芎は血行を促進します。芍薬と川芎は腸管の平滑筋の痙攣を緩解して鎮痛に働きます。
茯苓、白朮、沢瀉は組織中や腸管内の余分な水分を利尿により排除し、浮腫を改善し、消化吸収を促進し、全身の機能を高めます。

【漢方薬での生理の治し方】

生理痛がつらい、生理の前半がつらいというときは、「血(けつ)」の流れが滞っている状態と考え、「血(けつ)」の流れを良くすることで痛みをやわらげます。
生理が遅れるなど生理不順が続く場合は、「血(けつ)」の量が足りていない状態なので、「血(けつ)」を増やす治療を行います。「血(けつ)」が不足している部分に余分な水分がある場合が多いので、水分をとり除くことも大切です。
生理前の便秘やイライラ、不安が気になるというときは、「気」「血(けつ)」が滞っている状態と考え、流れを良くする治療を行います。
顔色が青白く、手足の冷えやすい女性は月経の周期が遅れ気味です。これは血虚(栄養不足)のある人が冷えによって引き起こされた症状と漢方では考えます。このような場合、貧血の人は頭痛を訴えることが多く、疲れやすく動作にも活気がありません。「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」は、全身に栄養を与え、足りない血を補います。