薬剤師

2018年11月10日 健康情報

朝の熱めのシャワーが体を目覚めさせる

体には自律神経(交感神経と副交感神経)があります。活動を促すのが交感神経です。 朝、熱めのシャワーを2から3分浴びることで、交感神経が刺激され心身ともにシャキッとします。 北九州の漢方相談薬局 大門薬品 薬剤師 篠原艶子

2018年11月03日 薬膳

漢方薬局の薬剤師の毎日の食事に活かしたい薬膳のきほん 鯛

「タイ」全身の巡りを良くして美肌に、栄養補給や体力回復にも効果的 五性:温、五味:甘     魚の王様といわれるマダイは、高タンパク、低脂肪の白身魚です。 アミノ酸のバランスも良く、乳幼児の離乳食や、食欲不振の時や病後食・・・

2018年10月31日 薬膳

漢方薬局の薬剤師がお話しする 毎日の食事に活かせる薬膳のきほん 「海苔」

「海苔」 水の調子を整え、せきや痰をしずめる 栄養の宝庫で、ミネラルがたっぷり 五性:寒、五味:甘・鹹 海苔の原料となるアマノリ類には、良質なタンパク質が多く含まれ、カルシウム、鉄などのミネラルやカロテンも豊富です。 美・・・

2017年08月01日 漢方情報

【れんこん】更年期障害におすすめの食材

【れんこん】 更年期障害におすすめの食材 れんこんは体液を補って全身を潤す作用に優れるため、体液が不足している症状(手足のほてり、皮膚の乾燥、かゆみ、めまい、耳鳴り、便秘)などにおすすめです。 加熱することで腎機能を高め・・・

2017年07月22日 シーズン情報

養生訓に学ぶ夏の食事 by 北九州の漢方薬局の薬剤師

養生訓に次のような記載があります。脾胃のこのむと、きらふ物をしりて、好む物を食し、きらふ物を食すべからず。脾胃の好むものとは何ぞや。あたたかなる物、やはらかなる物、よく熟したるもの、ねばりなき物、味淡くかろき物・・・ 夏・・・

2017年07月20日 漢方情報

【更年期は骨がもろくなりやすい】 by 北九州の相談ができる漢方薬局の女性薬剤師

【更年期は骨がもろくなりやすい】 女性ホルモンは骨の量を保つはたらきがあるため、更年期を迎えると骨量が減りやすくなります。 その結果、骨に隙間ができてスカスカした状態になり、骨がもろくなる「骨粗鬆症」のリスクが高まります・・・

2017年07月18日 お知らせ

【若年性更年期障害】  by 北九州の漢方薬局の薬剤師

 【若年性更年期障害】    更年期障害は一般的に50歳前後の年齢で起こりますが、20歳代や30歳代の若い女性でも更年期障害の様な症状がみられることがあります。   これは、若年性更年期障害と呼ばれ、疲労やストレス、無理・・・

2017年07月16日 漢方情報

加味逍遥散(かみしょうようさん) 更年期あるいは月経時のイライラ、のぼせ

加味逍遥散(かみしょうようさん) 更年期あるいは月経時のイライラ、のぼせ 漢方では、女性はとくに「血(けつ)」が心身の基本であるとしています。このことから、更年期に現れる女性特有の症状は、「血」の不足が原因と考えています・・・