すべての病気は「冷え」から始まる

主な症状 35.0℃まで低下すると、がん細胞が活性化する
自覚症状 疲労が蓄積する。また、排泄障害などの腎機能低下やアレルギーになりやすい
気を付けたいこと 血行をよくするための運動や食生活の改善をこころがけましょう。
関連情報
関連商品1 キョーレオピン
関連商品2
商品について 体の疲れを十分にとり、免疫力をあげましょう。
情報コード yd50

冷えは多くの病気を誘発させます。すべての病気は「冷え」から始まると言っても過言ではないでしょう。
その証拠に、体温が1℃低下すると、基礎代謝量は約12%、免疫力は30%低下すると言われています。

ご質問・ご相談については「お問い合わせ」ページをご覧の上、専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ

薬剤師からの説明

健康体というときの体温は36.5℃くらいです。
それが36.0℃になると、低体温でストレスが増加し、疲れが蓄積しやすくなります。
35.5℃まで低下すると排泄障害などの腎機能低下やアレルギーが起こりやすくなります。
35.0℃まで低下すると、がん細胞が活性化する温度です。
このことからもわかるように、体の冷えが進むほど、病気のリスクは増加します。

冷えの原因には、次のようなものがあります。

  • ☆過食の冷え:胃腸に血液が集中し他の部分に行き渡らない結果、血液が滞り内臓が汚れて行きます。
  • ☆ストレスの冷え:ストレスが溜まると交感神経が刺激され、血管が収縮して血液が阻害されます。それが冷えの原因となります。
  • ☆生活習慣の冷え:一年中冷暖房の効いた生活は、人間の体温調節機能を衰えさせます。現代の快適な生活が皮肉にも冷え症を増加させる原因となっています。
  • ☆老化による冷え:熱(体温)は人間にとって生命力のバロメーターです。老化が進むと体は冷えて衰えます。

ご質問・ご相談については「お問い合わせ」ページをご覧の上、専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ