秋の養生法

主な症状 この季節、呼吸器系、アトピーなど、アレルギーに注意
自覚症状 風邪症状、花粉症や皮膚のかゆみ、腫れなど
気を付けたいこと 乾燥と冷え
関連情報
関連商品1
関連商品2
商品について
情報コード yd30

初秋の乾燥と冷えは体に大きなダメージを与えます。
呼吸器系や皮膚のの弱い体質の方はアトピー性皮膚炎やアレルギーもこの時期に症状が悪化しやすいので、秋の養生法を実践しましょう。
また一日の中での温度変化が激しい季節でもありますので、お出かけの際は着脱のしやすい上着を持参しましょう。

ご質問・ご相談については「お問い合わせ」ページをご覧の上、専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ

薬剤師からの説明

残暑も穏やかになり空気も澄んで過ごしやすい季節になりました。

夏の間に消耗した体力が次第に回復し、身体も徐々安定してきます。

秋は体の各器官の休息と調節の季節で夏に消耗したものを十分に補充することが重要です。

秋こそしっかり養生しましょう。

東洋医学では秋は「肺」の臓腑に属する季節と言われています。
秋は肺の活動が活発になります。
乾燥した秋の空気によって、鼻やノドの乾き咳、胸の痛みといった呼吸器系に弱りが出ます。

辛み(唐辛子、生姜)は肺の働きを助けます。
肺の働きが活発になる秋は、適度に辛みを取入れて肺の働きを助けましょう。摂り過ぎは肝にダメージを与えますので適度に摂取しましょう。

梨、柿、ブドウなどの秋の果物は肺を潤し痰を除く効果があります。
小松菜、チンゲン菜、ネギなどはノドの痛みを抑える効果があります。銀杏(ギンナン)、杏(アンズ)は肺の働きを高め水分代謝をよくしてくれます。
秋の旬の食べ物を積極的にいただきましょう。

ご質問・ご相談については「お問い合わせ」ページをご覧の上、専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ