検査による早期発見が可能な癌

主な症状 腫瘍
自覚症状 体内の腫瘍が出来る箇所により症状も異なる
気を付けたいこと
関連情報
関連商品1
関連商品2
商品について
情報コード yd20

がんは発見時期が早い程生存率が良くなります。
早期発見のためにがん検診をおすすめします。
市町村が実施しているものは比較的安価で受けることができます。

ご質問・ご相談については「お問い合わせ」ページをご覧の上、専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ

薬剤師からの説明

がん化学療法について、がん専門薬剤師 篠原義剛がわかりやすく解説いたします。

Q:がんの治療法にはどのようなものがありますか?
抗がん剤やホルモン剤などを使う化学療法
手術療法
放射線療法
などがあります。実際には、いくつかの治療法を組合わせて治療が行われることも多くあります。
化学療法は、がん細胞の分裂を抑え、がん細胞を破壊する療法です。
Q:がんの薬物療法とはどのようなものですか?
がんの薬物療法は、細胞の増殖を防ぐ抗がん剤を用いた治療法で、がんが増えるのを抑えたり、成長を遅らせたり、転移や再発を防いだり、小さながんで転移しているかもしれないところを治療するためなどに用いられます。
薬物療法には、単独の薬剤を使って治療する場合と、数種類を組み合わせて治療する場合があります。
作用の異なる抗がん剤を組み合わせることで効果を高めることが期待されます。

ご質問・ご相談については「お問い合わせ」ページをご覧の上、専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ