冬に感染症が多いのはなぜ?

主な症状 風邪、インフルエンザ、食中毒など
自覚症状 咳、くしゃみ、鼻水、発熱、悪寒、嘔吐、下痢など
気を付けたいこと 外出時は、マスクして予防。また、外から帰ってきたら、うがい、手洗いをしましょう。
関連情報
関連商品1 キョーレオピン
関連商品2
商品について 免疫力をつけましょう。
情報コード yd110

感染症を引き起こすウイルスにはもともと高温多湿を嫌う性質があります。そのため気温が低く、空気が乾燥する冬にその活動が活発になります。一方、冬は人間の体は寒さや乾燥のため生体防御機能がダウン。ウイルスなどの体に悪いものと戦うための免疫力が落ちてしまいます。さらにこれらを外に排出する喉(のど)の粘膜なども乾燥して働きが弱るため、ウイルスの攻撃を受けやすくなっていまうのです。つまり冬はウイルスにとっては条件がよく、人間にとってはよくない状態だということ。そのため冬は感染症にかかりやすくなってしまうのです。

ご質問・ご相談については「お問い合わせ」ページをご覧の上、専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ

薬剤師からの説明

風邪

ウイルスの飛沫感染によってかかる風邪は冬がピーク。鼻から喉(のど)にかけて起こる感染症でその原因となるウイルスは100以上あるといわれています。のどの痛みや鼻水、咳、くしゃみ、発熱など様々な症状が起こりますが、これらの症状はウイルスを外に出して自分で自分の体を治そうとする防御反応です。風邪薬を服用することは、それらの症状に対する対症療法なので、基本的には安静にしてたっぷりと睡眠を摂ることが一番大切になってきます。風邪の症状が出ている期間をできるだけ短くすることです。

インフルエンザ

毎年、猛威をふるうインフルエンザ、くしゃみなどによるインフルエンザウイルスの飛沫感染で起こる病気です。インフルエンザの呼称はinfluence(影響)に由来すると云われており、昔の人も原因は定かではないが外部からの影響=(感染)を疑っていたものと思われます。インフルエンザでは38℃以上の高熱や頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身症状が突然現れ、同時にのどの痛み、咳、鼻水が起こります。インフルエンザで特に怖いのが症状の重症化です。小児や高齢者では特に注意が必要です。インフルエンザの治療薬としては、内服薬のタミフル、吸入薬のリレンザがありますが、いずれもインフルエンザウイルスを殺す作用は無く、増殖をおさえる働きがあります。これらの薬はウイルスが増えてしまってからよりも初期の状態で使用した方が効果的といわれています。インフルエンザが疑われる場合は、ためらわず医療機関を受診することをお勧めします。

食中毒

ウイルス性の食中毒の7割はノロウイルスによるものと言われています。主な発生パターンとしてはノロウイルスに汚染された牡蠣や二枚貝を生で食べることで発症します。そのため、牡蠣などを食べる機会が増える冬場にノロウイルス感染が起こり易くなります。抵抗力にある健康な方が食べて場合は発症ないか、軽症ですみますが、免疫力が落ちている方が感染した場合は、重症化します。症状としては48時間以上も続く下痢、嘔吐などです。現在、ノロウイルスに効果がある薬剤はありませんので、脱水に注意して安静にして回復を早めるしかありません。

冬の感染症予防

冬の感染症を予防するためには「手洗い・うがい」「規則正しい生活」「ストレスをためない」ことがポイントです。
風邪が長引いたら
風邪の初期には葛根湯が有効ですが、数日間のんでも効果がない時は変更が必要です。一般的には柴胡桂枝湯などに変更する方が効果的です。また鼻風邪の初期には小青龍湯が有効ですが、数日間のんでも効果がなく鼻水が続いている場合は苓甘姜味辛夏仁湯が効果的です。また、空咳が続くようでしたら麦門冬湯が有効です。喉に痰が貼りついて取れないとき半夏厚朴湯が有効です。

長引く風邪は大門薬品にご相談下さい。TEL:[apt-tel]093-561-5207[/apt-tel]

ご質問・ご相談については「お問い合わせ」ページをご覧の上、専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ