ED(性機能障害)や男性更年期障害でお悩みの方の精力剤 漢方薬で根本治療 病院でダメな方もあきらめないで

主な症状 加齢などによる勃起困難、硬度不足
自覚症状 早漏、性交途中で萎えてしまう勃起力減退など
気を付けたいこと 性的な悩みはなかなか打ち明けにくいものです。ご相談の際は、お問い合わせフォームなどご利用ください。
関連情報 ストレスたまってませんか?
関連商品1 ト ノ ス
関連商品2
商品について 早漏防止と勃起力強化》 という2つの効能をもつ塗り薬。無色・無臭で、もちろん女性にも無害です。
情報コード a9

まずはお悩みの症状を電話でご相談下さい。
土曜日曜にご予約いただければ男性薬剤師が対応し、最適な漢方薬を提案します。
遠方の方は郵送も可能です。(送料弊社負担)
バイアグラなどでダメだった方もご相談下さい、漢方療法をお試しください。
高品質の冬虫夏草含有の紅景天があります。(当店売れ筋No1)

ご質問・ご相談については「お問い合わせ」ページをご覧の上、専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ

薬剤師からの説明

EDは年配の方からのご相談が多いのですが、最近では比較的若い世代にもEDで悩んでいらっしゃる方が多くなってきました。大門薬品にはEDの症状を改善したいというご相談のお客様が遠方からも来店されます。病院におかかりで改善できていない方がほとんどです。そのような方も大門薬品で相談し、漢方療法と精力剤、食事による体質改善で状態が見違えるように変わってゆきます。EDでお悩みの方にあきらめないでというメッセージを送りたいと思います。
勃起困難、硬度不足などのほか、勃起の維持も診断の基準となっており、性交の途中であるにも拘らず性交渉の完了まで充分な勃起を維持できない症状、いわゆる「中折れ」もEDといわれます。EDはインポテンツ( Impotenz、略称: インポ)と呼ばれるのが一般的でした。
しかしその定義は「性欲、勃起、性交、射精、極致感のいずれか1つ以上欠けるかもしくは不十分な物」とされていました。これは現在で言うところの性機能障害に相当する症状です。また、「インポ」は多分に侮蔑的な意味を含んでいるとも取られるため、現在の日本においてはその正確な表現として勃起不全、または英語の Erectile Dysfunction を略してED(イーディー)と呼ばれることが多くなりました。
EDに悩む人は、加齢に伴い増加傾向にあります。器質性のEDは50代以上に多く見られますが、機能性(心因性)のものは若年層にも多く見られます。2010年現在、日本を始めとする先進国では健康寿命が長い傾向があり、永く性生活を楽しみたいと考える老年者が増えてきたことも、近年EDが注目される要因とも考えられます。

1.現代医学での治療法

バイアグラなどの服用

2.現代医学による治療の限界

バイアグラは一時的に勃起力を改善しますが、根本的な回復ではありません。また、バイアグラは心臓に負担がかかりますのでお勧めできません。EDは現代医学では完治できていないケースが多いようです。バイアグラは一時的に血管を収縮させるだけですので根本の解決にはなっていませんし、効果があったかた方でも効かなくなることがあるというご相談をよく受けます。

3.漢方医学のメリット

現代医学では完治できないEDですが、漢方医学では全く異なる視点からEDを診ますので、これまで多くの方で病院で治らなかったEDの症状が軽減していった経験があります。

漢方ではEDを腎の低下と捉えます。腎の精力を強化することで機能を回復させることができますが、

4.EDを悪化させる要因

EDの原因はストレス体力の低下などがあります。

つまり、日頃のストレスや暴飲暴食がEDを悪化させる要因となるのです。

【あなたはどのタイプ?】

漢方ではEDは体質的な原因や生活養生の乱れが重なり胃腸の働きが弱ることにより発症すると考えます。EDは

「ストレス」が原因タイプ

「体力の低下が原因」タイプ

に分かれますが、複数のタイプが重なっている場合がほとんどで、薬剤師が患者様の皮膚の状態に応じて漢方薬を選んでゆきます。

5.EDの漢方治療

EDはストレスなどの外的な要因や、各臓器の気、血、津液(しんえき)が不足したり、滞ったりして発症します。漢方治療の原則はこれらの余分なものを取り除き、不足するものを補い、滞ったものの巡りを良くすることです。

特に高齢者の方は腎精を補うことで性機能を回復します。

6.ED改善のための漢方的食事療法(薬膳)

漢方では多くの食品が人体に対してどのようなはたらきを持っていいるかが研究されており、日頃の食生活を指導することで、病気の予防や治療の助けとすることがあります。これを薬膳といいます。アトピー性皮膚炎にもいろいろなタイプ(漢方では証といいます)があり証によって体に良い食品も異なります。大門薬品ではお客様の体質に応じて食事のアドバイスを行います。

7.EDの方におすすめのお薬

トノス
男の性の悩みは様々です。とくに、彼女が充分に満足する前に、ガマンできずに射精してしまう 「早漏」や、性交途中で萎えてしまう「勃起力減退」は 心理的ダメージをともなうのでより厄介。 そんな時、頼りになるのが医薬品 『トノス・ハリーマーク』です。 《早漏防止と勃起力強化》 という2つの効能をもつ塗り薬。無色・無臭で、もちろん女性にも無害です。

精力剤
キョーレオピン

スーパー紅景天

エナックロイヤル

ストレスが原因の方に

エナックW


8.お客様の声

▶ (60代 男性) EDで長年悩んでいましたが、症状が軽くなり、ありがとうございました。
EDで数年間、泌尿器科に通院してバイアグラを処方してもらっていました。バイアグラは心臓に負担もかかるので不安でした。大門薬品でトノスを紹介してもらいバイアグラの使用はやめました。体力の低下も気になっていましたので、キョーレオピンの服用を開始しました。キョーレオピンの服用開始後、以前と比べて疲れも軽くなりました。今では夫婦でキョーレオピンを服用しています。(2015年5月現在)


▶ (40代 男性) ストレスが治まり、EDも改善しました。
会社では中間管理職で疲れが取れずEDでお悩みで大門薬品に来店されました。トノスを紹介して、カウンセリングをしていくうちに人間関係によるストレスがEDの要因となっていることがわかり、ストレスを軽減させるため「エナックW」を内服してもらうようになりました。以前は、寝つきも悪く不眠症でお悩みでしたが、エナックWを服用することでストレスが軽減され睡眠障害も改善されました。EDについてもよい状態に改善しました。

※ここで紹介した例は、全ての患者であてはまるものではありません。

EDは、病院でなかなか治らないとお悩みの方も多いと思いますが、当店にご相談ください。

【2016年のご相談はEDが1番多くありました。】

2016年相談が多かったお悩みの症状について

80%以上のお客様が満足していただき、再来店しています。


9.薬剤師による漢方相談

大門薬品ではお客様の症状を伺いながらお薬を決めて行きます。電話やメールでの相談で漢方薬を郵送することもできますが、なるべく患者ご本人の来店をお願いしています。土日は事前にご予約いただきましたら、男性薬剤師が対応いたします。1回の相談は30分~1時間くらいです。漢方薬は病院で処方されている薬と併用しても原則的に大丈夫ですが、まれに併用しない方がよいこともありますので、病院に受診中の方はお薬手帳を持参していただきますようお願いします。当店は薬剤師1名で運営しているため、お客様が同じ時間帯に来店した場合は申し訳ございませんがお待ちいただくことになります。できるだけお待ちいただく時間がないように電話またはメールによる予約をお勧めします。

ご質問・ご相談については「お問い合わせ」ページをご覧の上、専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ