夏野菜の酢鶏

2020年07月05日

夏場は食欲が低下するので夏野菜と酢鶏の組み合わせで食欲アップのレシピをご紹介します。ナス、ピーマンなどの夏野菜は体を冷やす性質があるので、温める性質がある玉ねぎと一緒に調理することでバランスを取ります。酢豚としてもOKですが夏場は鶏肉の方がサッパリして食べやすいでしょう。

【材料 4人分】
鶏もも肉:1枚

玉ねぎ:1個

ナス:1本

ピーマン:1個

(合わせダレ)

醤油:大さじ1

ケチャップ:大さじ1

オイスターソース:大さじ1

砂糖:大さじ1

酢:大さじ2

酒:大さじ2

水:大さじ3

【作り方】

1. 玉ねぎ、ピーマンは2センチ角ほどに切る。ナスは小さめの乱切りにする。鶏もも肉も2cm角くらいに切り塩をし、片栗粉をまぶす。
2. フライパンに多めのサラダ油を熱し、鶏肉を片面2〜3分ほど揚げ焼きにする。
3. 鶏肉が両面カラッと焼けたら切った野菜を炒め合わせる。
4. 野菜に火が通ったら、フライパンに残った余分な油を拭き取り、合わせダレを加えて混ぜ合わせ、全体にとろみが出たら完成。

※トロミが足りない場合は仕上げに水溶き片栗粉を加え調整する。

北九州市小倉北区の漢方薬局 大門薬品 薬剤師 篠原艶子