糖質の摂り過ぎに注意して夏バテしない体に

2019年07月17日

夏の胃腸機能の低下は冷たいもの、味の濃いもの、糖質の摂り過ぎなどが原因で起こります。素麺は食欲がないときでも食べやすいため、つい手が出てしまいます。麺類は糖質をたくさん含んでいます。なぜ糖質が問題なのでしょうか?糖質を体内でエネルギーに変換するためにはビタミンB1が必要ですが、糖質を多く摂っていまうとビタミンB1が不足しがちになり疲れがたまりやすくなります。ビタミンB1は豚肉や明太子豆類に多く含まれます。タマネギやニンニクに含まれるアリシンはビタミンB1の吸収を良くします。素麺などの糖質だけの食事は夏バテを招きますので、豚肉やタマネギなどをバランスよく使った食事をこころがけましょう。
北九州市小倉北区の漢方薬局 大門薬品