夏バテ対策の料理:白身魚のバジルソテー・トマトソース

2019年07月15日

白身魚のバジルソテー・トマトソース
夏バテ対策の料理をご紹介します。白身魚はあっさりとして食欲の低下した夏場でも食べやすく、バジルを加えることで食欲がそそられます。トマトはの性質は体内にこもった熱を冷ますはたらきがありますが、体を温める性質のある玉ねぎを加えることでバランスを取ります。ポン酢を使うことで酸味により胃酸を補います。
【材料・2人分】

白身魚:2切れ玉ねぎ:30gトマト:1個(50から60g)バジル:数枚ポン酢:大さじ2杯小麦粉:適宜オリーブオイル:適宜塩:適宜
【作り方】1)白身魚に塩を振りしばらく置く、水気を切り、細かく刻んだバジルを振り、小麦粉をまぶす。2)玉ねぎはみじん切り、トマトは1㎝くらいに切りポン酢と合わせる。3)フライパンにオリーブオイルを入れて中火で白身魚の両面を焼く。4)焼きあがったら皿に盛りつけ、トマトソースをかける。
【ポイント】小麦粉をまぶす際は茶こしを使用することで均等にまぶす。バジルは市販のハーブミックスを使用してもOK
北九州市小倉北区の漢方薬局 大門薬品 薬剤師 篠原艶子