トマト 今が旬です

2019年07月09日

トマト 夏の疲れた胃腸を癒し疲労回復に役立つ
トマトには胃腸のはたらきを活発にして消化を高める作用があります。夏場は胃腸のはたらきが悪くなりがちですが、トマトを食べることでこれを未然に防ぐことができます。
性質は体を冷やす涼性で体内にこもった熱を冷ますはたらきがあります。また、のどの渇きを潤して体液を補うはたらきがあるうえ、ビタミン、ミネラルが豊富なため汗と共に流失しがちなミネラルを補うことができるため、汗をかくことが多い夏場にはおすすめです。
トマトの酸味の元となっているクエン酸などの有機酸は疲労回復に役立つため、夏の疲れた体を癒すのに最適です。
【主な効能】
消化を促進する
胃腸を癒す
体の熱を冷ます
のどの渇きを癒す
疲れを取除く
五性:涼(体を冷やします)
五味:甘(栄養が体に吸収されやすいようにします)
旬:6から9月
【おすすめの食べ方】
余分な水分が溜まりやすいので食べすぎには注意しましょう。
熱を加えることで水分の摂り過ぎを防ぐことができます。
生のままで食べるときは刻んだ青紫蘇をまぶしたり、玉ねぎと混ぜるなど温める性質の食材と組合わせましょう。
【トマトとタマネギのサラダ】
トマトは体を冷やすので、温める性質の玉ねぎと一緒に甘酢であえてサラダにします。
この組合わせは、よく使っているかもしれません。うちでもゴマドレッシングをかけて一品で出すことがありますが、理にかなっているということですね。
【トマトと牛肉の炒め物】
1.牛肉は食べやすく切り、トマトはへたを取ってひと口大の乱切りにし、あさつきは小口切りにする。
2.ごま油を熱して牛肉を炒め、塩、こしょうを振る。
3.トマトを入れて手早く炒め合わせ、醤油、酒 大さじ1杯を加えて強火で絡め、あさつきをちらす。

漢方相談薬局大門薬品のHPはこちらhttps://www.daimonpharmacy.com/