花粉症対策 薬の対策Q&A 薬はどれくらい前にのみはじめるのですか?

2019年01月30日

花粉症治療薬には2つのタイプがあります。
1)抗ヒスタミン薬:H1受容体拮抗作用以外に抗炎症作用や抗アレルギー作用も持っています。即効性があり、症状が現れてから使用します。

2)抗アレルギー薬:広義ではアレルギー疾患の治療薬のすべてを含みますが,一般的にアレルギー疾患の慢性長期管理に使用され,H1受容体拮抗作用を持たない薬を意味しています。メディエーター遊離抑制薬〔クロモグリク酸ナトリウム(インタール®)など〕,トロンボキサンA2阻害薬〔ラマトロバン(バイナス®)など〕,ロイコトリエン拮抗薬〔モンテルカスト(キプレス®)など〕Th2サイトカイン阻害薬〔スプラタスト(アイピーディ®)〕があります。

2)の抗アレルギー薬は効果が発現するまでに数週間ほどの時間がかかるので、花粉が飛ぶ1から2週間前から飲み始めた方がよいといわれています。
北九州市小倉の漢方薬局 大門薬品 薬剤師 篠原艶子