ワクチンの効果は5か月間持続

2018年12月16日

インフルエンザの有効な方法にワクチン接種があります。

「予防接種はインフルエンザが流行前にするもので、」流行が始まってからでは遅いのでは」と思っている方が少なくないようです。もちろん流行前に予防接種することが望ましいのですが、流行してからでは遅すぎる、だから予防接種を受けても意味がないというわけではありません。

インフルエンザの流行シーズンは、12月から3月頃までのことが多いようです。一方でワクチンの効果が出始めるまで2週間かかりますが、その後およそ5か月間効果が持続するといわれています。

インフルエンザの流行が始まっていますが、インフルエンザの猛威は3月頃まで続いて行きます。

インフルエンザ予防接種は、インフルエンザに罹る危険性を低下させるだけでなく、仮に発症した場合でも重症化を抑える一定の効果があることが分かっています。重症予防という観点からも早期にインフルエンザ予防接種をお勧めします。

北九州市小倉の漢方相談薬局 大門薬品 薬剤師 篠原 艶子