【家庭でできる熱中症対策】  by 相談できる北九州の漢方薬局の薬剤師

2017年07月29日
【家庭でできる熱中症対策】
蒸し暑い日がつづくこの季節は熱中症への警戒が必要です。
レジャーや帰省などのイベントが多いこの時期、子供からお年寄りまで家族みんなで夏を元気で過ごすため熱中症対策が大切です。
【熱中症が起こる原因とは】
1)気温と湿度が高いという外的な要因
2)高齢者、小児、持病を持っているなどの身体的な要因
3)屋外での長時間作業や運動などの行動要因
以上の3つに大別されます。
ヒトは体の熱が熱くなり過ぎないように常に常に体の表面から熱を放出し、汗をかいて気加熱で体を冷やしています。
しかし、外気温が体温以上になったり、湿度が高すぎたりすると放熱や汗をかくことが上手くいかず、体に熱がこもって熱中症になっていまうのです。
【熱中症の対策:こまめな水分補給】
私たちの体は汗や尿などで24時間絶えず水分を失っています。
一度に大量に水分を摂っても、大部分が尿として排出されますので、こまめに水分補給することが一番の対策となります。
眠っている間も体の水分は減っていますから目覚めたときには水分を補給しましょう。
【熱中症の対策:塩分補給も忘れずに】
汗には水分だけではなく塩分も含まれていますので、塩分を摂ることも大切です。
塩分を含んだ飲み物としてはスポーツドリンクです。
また、塩飴もよいでしょう。
【熱中症の対策: 体力作りにこころがけよう】
熱中症は体力のない人の方がかかりやすい傾向があります。
夏場は食欲が落ちる時期ですが、ビタミン、ミネラルをバランス良く摂り、体力を落とさないことが大切です。
また、ぐっすりと眠って、疲れをとり、体調を整えるようにこころがけましょう。
【熱中症を乗り切るために】
熱中症は環境によっては誰もがなりうるものです。
外出するときは、水分補給できるよう水筒やペットボトルを持ち歩く、涼しい場所で休むことを心がけ、夏を元気に乗り切りましょう。
北九州の漢方相談薬局大門薬品のHPはコチラ https://www.daimonpharmacy.com/