【若年性更年期障害】  by 北九州の漢方薬局の薬剤師

2017年07月18日
 【若年性更年期障害】 
 
更年期障害は一般的に50歳前後の年齢で起こりますが、20歳代や30歳代の若い女性でも更年期障害の様な症状がみられることがあります。
 
これは、若年性更年期障害と呼ばれ、疲労やストレス、無理なダイエットによって卵巣のはたらきが低下することが原因で起こるとされています。
 
北九州の漢方相談薬局大門薬品の管理薬剤師ブログ「店主のささやき」はコチラ https://www.daimonpharmacy.com/blog/