香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう) by 北九州の漢方相談薬局の薬剤師

2017年06月18日

香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう)

【こんな方におすすめ 】
ふだんから胃腸の調子が良くない方
食欲がわかず、すぐお腹がいっぱいになってしまう方

【香砂六君子湯はどんなふうに効くの? 】
胃腸の調子が良くない 方、食欲がわかず、すぐお腹がいっぱいになってしまう方 は、もともとの胃腸のはたらきが弱っていることが考えられます。
これは、胃腸が疲れてしまい、胃腸の「気」が少なくなっている状態が考えられます。
香砂六君子湯は、「気」を補ってめぐらせる処方で、胃腸のはたらきを高めることで、胃の痛みやもたれなどの不快感を改善します。

【配合されている生薬 】
人参(にんじん)
白朮(びゃくじゅつ)
甘草(かんぞう)
茯苓(ぶくりょう)
半夏(はんげ)
陳皮(ちんぴ)
大棗(たいそう)
生姜(しょうきょう)
香附子(こうぶし)
縮砂(しゅくしゃ)
藿香(かっこう)

【処方の特徴】
六君子湯に香附子、縮砂、藿香を加えたものです。香附子、縮砂、藿香は理気剤と云って気の巡りを改善します。
人参、 白朮、甘草は気を補います。
大棗 、茯苓は消化器のはたらきを改善します。
半夏、陳皮は胃内の溜飲を除き、悪心・嘔吐を止めます。