鼻づまりはなぜ起こる? 北九州の漢方薬局の薬剤師の健康情報

2017年01月09日

風邪をひいたり、アレルギー性鼻炎などで鼻づまりが起こります。これは鼻の粘膜が腫れあがり、そこに鼻水がたまって、鼻づまりを起こすものです。

また、夜寝るときに鼻づまりが起きやすくなりますが、これは夜、血管を支配する副交感神経のはたらきが活発になり、血管が拡張し、鼻の中でうっ血を起こしやすくなるためだと考えられます。

北九州の漢方相談薬局大門薬品の管理薬剤師ブログ「店主のささやき」はコチラ https://www.daimonpharmacy.com/blog/