DPP-4阻害薬とは(糖尿病薬) 漢方相談薬局の薬剤師

2016年05月29日

DPP-4阻害薬とは(糖尿病薬)

食後に十二指腸や小腸から分泌されるインクレチンというホルモンがあります。

インクレチンは高血糖の時だけ、膵臓からのインスリン分泌を促しグルカゴンの分泌を抑えます。

糖尿病の人ではインスリンの分泌力は残っているのにインクレチンの働きが少ないため、結果的に高血糖になっていることがあります。

DPP-4阻害薬は体内でインクレチンが分解するのを防ぎ、インクレチンが機能することでインスリン分泌を促しグルカゴンの分泌を抑え血糖値を低下させます。

北九州の漢方相談薬局大門薬品の管理薬剤師ブログ「店主のささやき」はコチラ https://www.daimonpharmacy.com/blog/