漢方薬と副作用

2015年11月07日

漢方薬といえば「副作用がない」と思っている人がいます。しかし、実際にはそうではなく漢方薬であっても副作用が存在します。ただし、西洋薬に比べれば漢方薬は副作用が少ないです。漢方薬による副作用の多くは「体質に合っていない漢方薬の服用」によるものです。

漢方薬は患者さんの体質を判断した上で投与されます。そのため、当然ながら患者さんの体質と漢方薬が合っていなければ、副作用が発生する確率も高くなります。